So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<メガホン強打>野球観戦の女性が首ねんざ、男性に賠償命令(毎日新聞)

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)でプロ野球を観戦中、メガホンで頭をたたかれ、首をねんざするなどしたとして、大阪市の女性が、近くにいた大阪府守口市の男性に、治療費など計約1850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、大阪地裁であった。窪田俊秀裁判官は「メガホンで強打する行為が、社会通念上容認されるとは到底言えない」として、男性に約24万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は04年4月、アルプス席で職場の同僚や、男性ら7〜8人と一緒に観戦。阪神が得点した際、女性より1段上の席にいた男性にメガホンで頭をたたかれ、首のねんざなど約1カ月のけがをした。

 窪田裁判官は、男性が試合後に女性の知人にたたいたことを認めたとの証言や「抗議すると男性がしまったという表情をして謝罪した」との女性の供述などから、「女性の主張は一貫し、不自然な点もない」と判断、治療費や慰謝料などを認定した。ただ「めまいや頭痛などの後遺症害が残った」との主張に対しては因果関係を認めなかった。

 男性は「メガホンで軽くたたき合うことはあったが、熱狂の中で通常起こりうる程度」として、けがをさせたことを否定していた。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
警察相談:「家庭・職場・近隣関係」6年連続で増 警察庁
労働トラブル:全国32カ所で電話相談 5日を中心に
働くナビ:労働相談の受け手向けに、マニュアルができました。
保証人制度:紹介、トラブル多く 規約にない追加料金請求、解約・返金を拒否…
近隣トラブル:6年連続増、14万件−−警察庁相談まとめ

<殺人未遂>長男の左胸刺す 重傷負わせ母親逮捕…福岡(毎日新聞)
<銃刀法違反容疑>愛知学院大に侵入の元学生逮捕(毎日新聞)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
がん組織、有機ELで発光=早期発見に活用も―群馬大(時事通信)
<シー・シェパード>元船長に懲役2年求刑 調査捕鯨妨害で(毎日新聞)

<発砲>東京・池袋で2人組 警官追跡中、バイクで逃走(毎日新聞)

 31日午前2時50分ごろ、東京都豊島区南池袋1の「池袋東口東急ビル」解体工事現場で、オートバイに乗った2人組の男が、鉄製の看板に向けて拳銃のようなものを発砲して逃げた。けが人はなかった。現場には自動式拳銃のようなものと薬きょう2個が落ちていた。警視庁目白署は銃刀法違反容疑で捜査している。同署によると、発砲の直前、現場そばの交番に勤務する同署員が、歩道を走行するオートバイを発見。制止を求めて追跡したところ、ビル解体工事現場の前で停車し発砲した。2人組はいずれもフルフェースのヘルメットをかぶり、黒っぽい服装だった。【内橋寿明】

【関連ニュース】
福田衣里子事務所:かま持ち男が立てこもる…長崎・諫早
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
立てこもり:福田衣里子・民主衆院議員の事務所に男、かま持ち30分間
銃刀法違反:役場で刃物出す 容疑の男を逮捕−−西伊豆 /静岡
覚せい剤:刃物4本持ち歩いた疑いで逮捕の男、使用容疑で再逮捕 /山梨

<社民・福島氏>「重大な決意」連立離脱を示唆(毎日新聞)
岡本倶楽部 系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)
対北「緊密に連携」 日韓首脳会談 普天間合意を評価(産経新聞)
普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)

口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)

 民主党は21日、宮崎県で口蹄(こうてい)疫の発生が拡大していることを受け、家畜を殺処分された生産者の損失を国が全額補償することを盛り込んだ特別措置法案を今国会に提出する方針を決めた。議員立法で来週に提案する。既に自民党も特措法案提出を決めており、与野党で一本化を図り、早期成立を目指す。
 民主の特措法骨子案は、殺処分で損失を受けた家畜の所有者に対し、休業補償などの付随的損失も含めた「通常生ずべき損失」を国の負担で補償するとした。殺処分やワクチン注射を最終的には国の責任で行えることも明記した。 

【関連ニュース】
子牛取引が急減=価格上昇懸念強まる
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認
全日空、宮崎発着線の運賃払い戻し=口蹄疫対応

東新児童館で育児中のママが交流(産経新聞)
<大雨>25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ(毎日新聞)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)

山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑−ビル管理男性から・警視庁(時事通信)

 雑居ビルのテナント入居をめぐり、知人男性から現金約500万円を脅し取ったとして、警視庁が恐喝容疑で、指定暴力団山口組系暴力団組長(46)を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、組長は当時、山口組傘下の後藤組幹部だった。逮捕容疑では、組長は2004年、後藤組が使用していた新宿区の雑居ビルにテナントを入れたとして、ビル管理を任せていた知人男性から現金約500万円を脅し取った疑い。 

【関連ニュース】
ホステスは16歳=風営法違反でスナック摘発
デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請
暴力団組幹部ら2人を逮捕=偽バイアグラ事件

将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
アラサー、2割が新卒就職せず=「氷河期」アラフォー比較でくっきり(時事通信)
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)
9割黒字に「儲けすぎ」批判 空港ビル会社厳しい局面に(J-CASTニュース)
孤立しやすい高齢者像を分析−内閣府の高齢社会白書(医療介護CBニュース)

渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)

 東急電鉄などで組織する「渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会」は、渋谷駅東口の東急文化会館跡地などに建設している高さ約182メートルの超高層複合ビルの名称を「渋谷ヒカリエ」と決めた。中核施設となるミュージカル劇場は「東急シアターオーブ」と命名した。

 渋谷ヒカリエは最先端のライフスタイルを提案してきた東急文化会館の伝統を引き継ぎ、渋谷から未来を照らし、世の中を変える「光」になる意志を込めた。東急シアターオーブのオーブは天体を意味し、中空に浮かぶ劇場を表現したという。

 ビルは地上34階、地下4階。ビルの顔となる商業施設は地下3階から地上7階に東急百貨店が出店し、11〜16階の地上70メートルの中層部には約2千席を持つ東急シアターオーブ、17階より上の高層部はオフィスとなる。地下3階で東急東横線・東京メトロ副都心線渋谷駅とは直結する。平成24年春に開業する予定。

【関連記事】
渋谷に「大人の音楽劇場」
モスの新業態レストラン 渋谷にオープン 旬の野菜にこだわる
渋谷の永遠のシンボルに 忠犬ハチ公慰霊祭
「弁護士バー」オープン 店名は「リーガルバー六法」
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」

遺言書作成、若年層も 20・30代が亡き後案じ一筆(河北新報)
【政論】首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」(産経新聞)
図書館司書、シックハウス労災求め初提訴(産経新聞)
<科学技術振興機構>役員車全廃など実施 「仕分け」に先手(毎日新聞)
「医学部新設に慎重な対応を」―医学部長会議が要望書(医療介護CBニュース)

22日から急激に冷え込み…気象庁が農作物被害に注意呼びかけ(産経新聞)

 気象庁は21日、北日本から西日本にかけて低温と霜に関する気象情報を発表し、農作物被害への注意を呼びかけた。

 同庁によると、北日本から西日本にかけて23日ごろから、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み、26日ごろにかけて平年よりかなり低い気温が続く見込みという。24日から25日ごろにかけては、平年より5度前後も低く、最低気温が3度以下まで下がる所もあるという。

 22日の東京地方は、予想最高気温が12度にとどまり、最高気温が25・5度と6月下旬並の陽気となった21日から約13度低くなる見込み。気象庁は今後の気象情報に注意するよう呼びかけている。

【関連記事】
寒い!異常気象で混乱続々 野菜高騰、交通網に打撃も
新茶に凍霜害、初取引に影響も 静岡
所ジョージ、風邪でダウン…収録を欠席
雨の日に鼻水が出るのは…低気圧のせい?
桜開花予想ハズレ…森田氏、頭下げる「大目に見てください」

事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に−気象庁(時事通信)
中華料理店から出火4棟焼失 堺(産経新聞)

<法務省所管法人>元最高裁判事の理事長に無利子貸付(毎日新聞)

 法務省が所管する社団法人「民事法情報センター」(東京都新宿区)が09年3月、理事長を務める元最高裁判事の香川保一氏(88)に無利子・無担保で1500万円を貸し付けていたことが分かった。政府の事業仕分け第2弾に向けた民主党新人議員の調査で明らかになった。

 センターによると、貸し付けに際して借用書は作成したが、利息や返済期限は設けず、決算上は長期貸付金として処理した。センターは「理事長が法務局職員を対象に実施する懸賞論文の費用として貸した。返済の見込みもあり手続きは問題ない」と説明している。

 香川氏は86〜91年に最高裁判事を務め、退任後の同年にセンター理事に就任し、05年から理事長。センターは86年に民事法務の調査研究や情報収集などを目的に設立され、登記所に備え付けの地図帳「ブルーマップ」や月刊誌を発行している。【石川淳一】

【関連ニュース】
取り調べ可視化:早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会
DNA:全国13地検に長期保管用冷凍庫 法務省方針
取り調べ可視化:法務省勉強会、来年6月めど結論
人事:法務省
DNA鑑定:全国13地検に冷凍庫 試料、劣化防止で−−法務省方針

介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)
【イチから分かる】大阪都構想 府と市を「都」に再編(産経新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)
パナソニック、ポータブルナビ「Strada POCKET」新製品、大画面7V型と5V型

学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原(医療介護CBニュース)

 山梨県上野原市の市立病院建て替えをめぐり、江口英雄市長と地元の任意団体「上野原医師会」(渡部一雄会長)が対立し、4月1日から市内の小中学校などで学校医が不在となっている問題で、江口市長と渡部会長は7日夜、医師会側が市長に抗議文を提出した2月22日以降初めて市内で会談した。医師会関係者によると、医師会側は渡部会長と川原哲夫前会長、市長側は江口市長と市教育委員会の大神田光司教育長が出席。江口市長は「学校医の不在は自分に責任がある」としたものの、医師会への協力要請や今後の方針の説明はなかったという。

 会談から一夜明けた8日午前、渡部会長と川原前会長は報道関係者の取材に応じ、渡部会長は「市長は弁明に終始していた。事態の問題認識が欠けている。がっかりした」と感想を語った。渡部会長は会談で市長に要求書を手渡し、学校医の委嘱を受け入れる条件として、医師会側の要望に沿った形で市民に声明を出すことや、16日に開かれる上野原医師会の定例会で会員に謝罪することなどを求めたという。
 一方、13日に予定されている中学校での集団予防接種については、医師会として協力する考えを市長に伝えた。

 江口市長はキャリアブレインなどの取材に対し、市総務課を通じて「医師会と協議中なので、コメントは差し控えたい」としている。


【関連記事】
医師会と市長の対立が泥沼化、学校医不在にー山梨・上野原
山梨・上野原市立病院の建て替えめぐり紛糾
「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明
“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り
診療所医師の労働も過重

1歳の三女虐待、頭揺さぶり死なす…両親逮捕(読売新聞)
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)
<野口聡一飛行士>宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)
<東京スカイツリー>全盲の歌手が「音頭」歌う がんと闘い(毎日新聞)

参加目標は10万人規模=25日の普天間県内移設反対集会−沖縄(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、読谷村で25日に開催する県民大会の実行委員会は6日、結成総会を開き、経済団体や労組、市民団体などに呼び掛け、県内移設に反対する10万人規模の集会を目指すことを決めた。
 県民大会の代表5人のうち、高嶺善伸県議会議長と翁長雄志那覇市長、大城節子県婦人会連合会会長の3人が6日までに就任したことや、集会後に代表者らが東京で政府に要請行動することなどが報告された。
 あいさつした高嶺議長は、参加の態度を保留している仲井真弘多知事について、「参加を呼び掛けたい。県内移設にレッドカードを突き付けよう」と決意表明。翁長市長は「市がバスを借り上げて会場と往復し、多くの市民が参加できるよう取り組む。集会を成功させたい」と述べた。 

【関連ニュース】
郵政見直し、「WTO違反の可能性」=官房長官らに書簡
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加
普天間移設「極力県外に」=政権批判強まれば進退考慮も
「鳩山政権に怒り」「基地は戦争生む」=ホワイトビーチ案反対で集会
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判

<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」(産経新聞)
<強風>東西線の上下線ストップ、架線に飛来物(毎日新聞)
「総合学科」約20%の教員が否定的 現役高校教諭が調査(産経新聞)
<黒部市長選>堀内氏が無投票再選 富山(毎日新聞)

咸臨丸 太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)

 江戸幕府の軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」(620トン)が1860年、日本の船として初めて太平洋往復を成し遂げてから今年で150年。米サンフランシスコとの間を往復する独立行政法人・航海訓練所の練習帆船「海王丸」(2556トン)に、咸臨丸乗組員の子孫である兵庫県宝塚市武庫川町の無職、正井良治さん(62)が海洋研修生として乗り込む。出航は7日。正井さんは「昔と今の航海の違いを比較したい」と話している。【平井桂月】

 咸臨丸は幕末期の初期軍艦で、3本のマストを持つ木造の蒸気船。1858年に結ばれた日米修好通商条約の批准書を交換するため、幕府の遣米使節団が乗った米軍艦に随伴し、60年2月に浦賀港(神奈川県)を出航、3月にサンフランシスコに到着した。艦長は勝海舟で、福沢諭吉やジョン万次郎も乗っていた。万次郎以外の日本人乗組員90人余の大半は船酔いに苦しみ、技術指導のため乗っていた米国人乗組員の助けを借りた航海だった。

 正井さんの先祖は蒸気方手伝い(現在の機関士)の小杉雅之進(当時18歳)。68年に始まった戊辰戦争では旧幕府軍に参戦。明治維新後は逓信省などで海事行政を担当した。

 正井さんは今年1月、海王丸に乗り込む研修生を募集していると知って応募。研修生12人の一人に選ばれた。勤めていた塗料会社は3月19日に退職した。

 小杉が航海中につづった日記は復路のみしか残っていない。正井さんは「軍艦奉行木村摂津守らの日誌が残っている。咸臨丸の航海は38日、海王丸は30日と短い。季節も船の大きさも違うが、当時と比較して体験したい」と応募の動機を語る。

 明治維新後、咸臨丸は政府に接収され、開拓使の輸送船となったが、その偉業はその後も広く知られた。正井さんは「大政奉還で使節団はないがしろにされてしまった。大事なことを成し遂げたという歴史を知ってほしい」と願う。正井さんは今回の航海中、東京海洋大や神戸大の実習生93人に使節団のことを伝えたいと考えている。

 海王丸は7日、東京・お台場の船の科学館前岸壁を出航。5月5日にサンフランシスコに到着後、150周年記念行事に臨み、ホノルル経由で6月8日に帰国する予定だ。

【関連ニュース】
議員控室:民主「無血開城」要求 自民と攻防本格化
龍馬伝:福山雅治主演 「ガリレオ」の福田靖脚本、高精細映像で描く「平成版龍馬」
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ

東大寺・筒井長老の本山葬、営まれる(産経新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
<臓器提供児童>虐待の有無確認 厚労省方針(毎日新聞)
「僕が仲裁に」橋下知事、虐待通報呼びかけ(読売新聞)
<自民・若林正俊氏>参院採決で代理投票…民主が懲罰動議(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。