So-net無料ブログ作成
検索選択

口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)

 民主党は21日、宮崎県で口蹄(こうてい)疫の発生が拡大していることを受け、家畜を殺処分された生産者の損失を国が全額補償することを盛り込んだ特別措置法案を今国会に提出する方針を決めた。議員立法で来週に提案する。既に自民党も特措法案提出を決めており、与野党で一本化を図り、早期成立を目指す。
 民主の特措法骨子案は、殺処分で損失を受けた家畜の所有者に対し、休業補償などの付随的損失も含めた「通常生ずべき損失」を国の負担で補償するとした。殺処分やワクチン注射を最終的には国の責任で行えることも明記した。 

【関連ニュース
子牛取引が急減=価格上昇懸念強まる
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認
全日空、宮崎発着線の運賃払い戻し=口蹄疫対応

東新児童館で育児中のママが交流(産経新聞)
<大雨>25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ(毎日新聞)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。