So-net無料ブログ作成
検索選択

口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)

 民主党は21日、宮崎県で口蹄(こうてい)疫の発生が拡大していることを受け、家畜を殺処分された生産者の損失を国が全額補償することを盛り込んだ特別措置法案を今国会に提出する方針を決めた。議員立法で来週に提案する。既に自民党も特措法案提出を決めており、与野党で一本化を図り、早期成立を目指す。
 民主の特措法骨子案は、殺処分で損失を受けた家畜の所有者に対し、休業補償などの付随的損失も含めた「通常生ずべき損失」を国の負担で補償するとした。殺処分やワクチン注射を最終的には国の責任で行えることも明記した。 

【関連ニュース
子牛取引が急減=価格上昇懸念強まる
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認
全日空、宮崎発着線の運賃払い戻し=口蹄疫対応

東新児童館で育児中のママが交流(産経新聞)
<大雨>25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ(毎日新聞)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)

山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑−ビル管理男性から・警視庁(時事通信)

 雑居ビルのテナント入居をめぐり、知人男性から現金約500万円を脅し取ったとして、警視庁が恐喝容疑で、指定暴力団山口組系暴力団組長(46)を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、組長は当時、山口組傘下の後藤組幹部だった。逮捕容疑では、組長は2004年、後藤組が使用していた新宿区の雑居ビルにテナントを入れたとして、ビル管理を任せていた知人男性から現金約500万円を脅し取った疑い。 

【関連ニュース
ホステスは16歳=風営法違反でスナック摘発
デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請
暴力団組幹部ら2人を逮捕=偽バイアグラ事件

将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
アラサー、2割が新卒就職せず=「氷河期」アラフォー比較でくっきり(時事通信)
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)
9割黒字に「儲けすぎ」批判 空港ビル会社厳しい局面に(J-CASTニュース)
孤立しやすい高齢者像を分析−内閣府の高齢社会白書(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。